2019.09.20 新着情報

廃校になった小学校を「室内遊び場」にリノベーション 地域活性化のための、子どもたちの集いの場を創造 木製遊び場『MoiMoi』納入「しおらんど」9月21日オープン!

 株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎、以下:コトブキ)は、天然木材を活用した、子どもの遊び場を提供する大型木製遊び場『MoiMoi』を栃木県塩谷郡塩谷町の「しおらんど」に納入し、2019年9月21日(土)新しい遊び場がオープンいたします。

「しおらんど」は、廃校になった小学校の建物を有効活用した「子どもたちの遊び場」としてリノベーションされた施設です。公園の遊具が老朽化し町内には幼児が遊べる場所がないことで、町外の公園や施設に遊びに行っているという住民調査結果が出ました。小口資金をインターネットで募るクラウドファンディングを活用、町内からの寄付や町の援助も受けて開設された公共の遊び場です。この遊び場を通じて、町内の子どもたちが触れ合い、保護者も交流もでき、町全体が一つになるコミュニティづくりのきっかけになることを目指しています。

 

■ 旧塩谷町立大久保小学校しおらんど」について

栃木県塩谷郡塩谷町の旧町立大久保小学校に、室内遊び場「しおらんど」が9月21日(土)にオープンします。「しおらんど」は、同町の地域おこし協力隊員が安心して子供たちが遊べる場所を開設しようと企画し完成させた施設で、「町内には子供を遊ばせる場所が少ない」という保護者の声に対応し、実現された遊び場です。町内にある公園では遊具が壊れ、使用できない実態も明らかに。そこで廃校を活用して子供たちの遊び場を開こうと計画され、小口資金をインターネットで募るクラウドファンディングを活用し、町内からの寄付や町の援助も受けて開設にこぎつけたました。「しおらんど」では旧小学校の教室や体育館などに室内遊具MoiMoiを始め、今後様々な遊び空間が展開される予定です。

塩谷町「しおらんど」紹介ページ:https://www.town.shioya.tochigi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=45545

■ 『MoiMoi』について

『MoiMoi』は大型の木製遊具です。自由に遊べるスロープやジャングルジム、ネット、ボールなど体全体を使ってダイナミックに体全体を使って遊べるのが特徴です。対象は、主に幼児から小学生の子どもたちが、天然の木材を体験し、子どもたちの成長、発達を促し集団遊びを誘発する様に配慮して長く遊べるように、さまざまなノウハウが組み込まれています。

このページの先頭へ