東京都江東区

江東区 公共サイン

まちの魅力が伝わって、
サインがおもてなしになる

概要

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、案内看板の多言語表記など、外国人観光客とのコミュニケーションツールを導入した江東区。

観光資源や特徴的な橋をアイコン化したり、方向性を認知しやすくするため、臨海部エリアのランドマーク化をしました。

コンパクトな設計で都市景観に配慮しながら、まちが発信する"おもてなし"を醸し出しています。


このページの先頭へ