秋田県湯沢市

JR湯沢駅 駅前広場

歴史を継承し街を灯す温かな駅

【製品群】
ゴム・樹脂 サポーター ファミリア 

概要

湯沢市の玄関口である湯沢駅が2015年11月にリニューアルされました。利便性と安全性の向上、線路による地域分断の解消、交通結節点機能の確保により、駅舎と共に湯沢駅東西自由通路の新設、駅前広場や周辺道路などの整備が行われました。
駅舎は、「繊細で優雅な歴史を継承し、彩りを灯す温かな駅」をデザインコンセプトとし、旧駅舎の三角屋根の面影を残しながらも、街の酒蔵を基調とした落ち着きのある下屋と重厚感のある屋根、そしてガラス部では湯沢の象徴である七夕絵どうろうまつりの「とうろう」を表現された格子状の窓から、温かい光が街を灯すつくりとなっています。
駅前広場には、見どころとなる市内のジオサイトを案内したサイン、車止めやサポーターが整備され、駅を利用する方に快適な空間となっています。

このページの先頭へ