インクルーシブ・プレイグラウンドの考え方 インクルーシブ・プレイグラウンドの考え方

インクルーシブ・
プレイグラウンドに必要な要素

インクルーシブ・プレイグラウンドでいちばん大切なことは、
そこを訪れるすべての子どもが同じように楽しく遊べることです。
みんなが一緒に楽しむためには、従来のユニバーサルデザインの視点だけでなく、いくつかの工夫が必要です。

誰でも同じ遊びを楽しめる

すべての子どもが同じように遊べること。同じ楽しさを味わえること。それはインクルーシブ・プライグラウンドの根幹とも言える要素です。

感覚を使って楽しめる

これまでの遊具は揺れる、回る、滑るなどのスリル感が楽しさの中心でした。さらに、触れる、聴くなど五感刺激の楽しさも加え、遊びの世界を拡げます。
※ここでの感覚とは以下の両方を含みます。
(スリリングな刺激:回転、揺れ、滑る
五感などの感覚刺激:音、触覚、色など)

自分にあった遊びを
楽しめる

遊び(遊具)の種類だけでなく、体勢や難易度を選べるよう工夫することで、より多くの子どもたちが自分らしく楽しめるようになります。

落ち着ける
場所がある

気持ちの高ぶりで心がパニックになる子にとって、心の落ち着きを取り戻す空間(クールダウンスポット)が有効です。

つながりを
楽しめる

一緒に遊ぶことで楽しさが増幅し、楽しさを共有できるような工夫を取り入れます。

インクルーシブ・
プレイグラウンドを計画する

インクルーシブ・プレイグラウンドは、遊具だけでなく、
ユニバーサルデザインのベンチや日陰になる休憩施設なども
一緒に計画することでさらに快適な空間となります。
公園の規模によっては駐車場からのアクセスしやすさや、
園路やトイレのバリアフリー整備などにも配慮が必要です。
また、動線計画やエリア分けなど、
多様なお子さまに対しての細やかな検討が必要です。
「インクルーシブ・プレイグラウンドのパンフレット」に
計画する際のポイントについて詳細に記載していますので、
ぜひご請求下さい。